RI第2730地区ガバナー紹介

各地区内のロータリークラブの管理は、地区における唯一の国際ロータリー(RI)役員「ガバナー」が監督し、地区内のロータリークラブの支援や指導、監督のもと、ロータリーの目的を推進し、クラブを活性化する活動を行っています。
当クラブが属する、国際ロータリー第2730地区ガバナーをご紹介します。

RI第2730地区ガバナーメッセージ

1905年、ポール・ハリスは友人3人と語らい、親睦と相互扶助を趣旨としたロータリークラブが誕生し115年目を迎えております。
アーチ・クランフ基金創設、決議23-24採択、1960年代に入りインターアクト、ローターアクト、青少年交換、RYLA(ライラ)、世界社会奉仕、ポリオ根絶計画等次々と活動が始まり、その後地区リーダーシッププラン(DPL)の採用、クラブリーダーシッププラン(CLP)の推奨、2016年規定審議会では、クラブ運営に大きな柔軟性を認め、昨年2019年の規定審議会でも、クラブ会長の任期、欠席のメークアップの改正、職業分類制限の廃止、事務総長をRIの最高経営責任者とする規定、RI細則からの機関雑誌の各称を削除、人頭分担金の増額等時代とともに急激な変化をとげております。

これからも柔軟性、多様性、革新性を取り入れた大きな変化が予想されますが、ロータリーの目的である、意義ある職業の基礎として奉仕の理念を育み、地区・クラブの更なる充実・発展、組織の簡素化・効率化、スクラップ・アンド・ビルド等活力ある地区を目指して参りたいと考えております。
ロータリーのビジョン声明は、「私たちは世界で、地域社会で、そして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むために、人びとが手をとりあって行動する世界を目指しています。」とされております。
新しいロータリー戦略計画では、「世界各地でより良い地域社会づくりを行う定評のあるダイナミックな団体としてのロータリークラブが評価される」とされ、今まで以上にクラブとして持続可能な地域社会プロジェクトをすることが奨励されています。

ホルガー・クナーク会長エレクトの2020-21年度 RIテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
このテーマは、ロータリアンがリーダーシップを強化する機会をつくり、奉仕の理念を行動へと移し、支援を必要とする人びとの生活を 向上する活動 を行うようロータリアンを喚起し、会員自身や受益者の人生を より豊かにするための道を開くのが ロータリーであると述べております。
つまり、ロータリーは、クラブに入会するというだけでなく「無限の機会への招待」でもあり、リーダーシップの機会、奉仕のアイデアを実行に移すため世界を旅する機会、そして生涯続く友情の絆を築く機会を与えてくれ、私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのやめに機会の扉を開いているわけです。
また会長エレクトは、ロータリー会員が変化を受け入れることの必要性を強調し、この変化の機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなることを述べております。このことを受け 2020~2021年度 地区スローガンは「不易流行・ロータリーの基本を堅持し変化に適応するクラブを」としたところであります。

鹿屋西ロータリークラブ   
風呂井 敬(ふろい たかし)

2020~2021年度 RI第2730地区スローガン

「不易流行・ロータリーの基本を堅持し変化に適応するクラブを」

地区目標

  1. RI会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」の推進
  2. RI強調事項の推進
  3. RIロータリー賞への積極的なチャレンジ
  4. 新しいRI戦略計画の推進
  5. 会員増強・会員維持・クラブ拡大
  6. 新世代(青少年)育成の推進
  7. 奉仕活動推進のためのロータリー財団への年次寄付等の推進
  8. 米山奨学会への寄付推進
  9. ポリオ根絶への協力】
  10. 公共イメージ向上にむけて
  11. 研修の充実
  12. ロータリーデーへの参加
  13. 友好クラブ、姉妹クラブの締結推進
  14. 台北国際大会、地区大会、地区の各種セミナー、各クラブ周年行事等への積極的参加
  15. 地区財団活動資金の活用による地区補助金、グローバル補助金の充実
  16. クラブビジョン策定の推進
  17. 定款・細則の見直し
  18. 地区の効率化、会計の透明性、運営の合理化

ガバナー月信

毎月ガバナーメッセージや、国際ロータリー第2730地区の活動等を紹介する「ガバナー月信」を発行しています。

月信