国際ロータリー第2730地区 鹿児島ロータリークラブのウェブサイトへようこそ

鹿児島ロータリークラブ

■クラブ奉仕委員長研修会報告


報告者 種子島クラブ奉仕委員長

 先日、クラブ奉仕委員長の研修会が溝辺でありました。

 クラブを活性化する為にどのような事を考え実施すれば良いか、2730地区の出席者がグループごとに分かれて協議しました。

 今後の鹿児島ロータリークラブ活性化参考とする為に「その時に出された事例や提案」を下記にご報告させて頂きます。

  1. 委員会毎に1年間分の関係資料のファイルを引き継ぐ申し送り(引継ぎ〉 会を開く。

  2. 月に一回の夜間例会を取り入れている。

  3. 月に一回、例会終了後に各委員長を集めて運営の協議を行っている。

  4. 増強に力を入れると同時にベテラン会員の協力で退会防止策を考えて実施している。

  5. 親睦を兼ねて増強を活発にする為の勉強会を行っている。

  6. 欠席しがちの会員の事を考え「事前に各会員の出欠を確認して出席を促しかつ食事の無駄を省いている。(欠席会員には必ず事前連絡を入れさせている)

  7. 楽しいクラブ運営が出来るように工夫している。(干支で座る席を決めるとかベテランと新人を隣同士で座ってもらうとか座席の座り方の工夫を行っている。)

  8. 次年度の為の「準備委員会」を早々に立ち上げる。

  9. 女性会員(支店長)が入会した事によりかなり活性化する結果となった。

  10. パートナー会(奥様会・・・補助金あり)を立ち上げることで活性化の素になった。

  11. 理事会を各理事の自宅持ちまわり開催して活性化している。

  12. 入会3年未満の会員の教育(新入会員のしおりをもとに)を定期的に行っている。

  13. 新人会員を対象にFMC(Fresh Memb e rs committee)をつくり活性化している。

  14. クラブ内を地区別に分けてグループ毎に出席率を良くし合う等して活性化している。


以上、例会にての報告とさせて頂きます。




サイトマップ  | このサイトの利用について  | 会員専用ページ  | お問い合わせ |

All Rights Reserved, the Rotary Club of kagoshima