国際ロータリー第2730地区 鹿児島ロータリークラブのウェブサイトへようこそ

鹿児島ロータリークラブ

会長挨拶


鹿児島ロータリークラブへようこそ

鹿児島ロータリークラブ会長 水淵大作(2018.7〜2019.6)


 この度2018〜2019年度、第67代会長を務めさせて頂くこととなりました。 鹿児島RCに2005年7月に入会させてもらい、この間主にローターアクト・インターアクト等の青少年奉仕と奉仕プロジェクト部門を担当して参りました。 2015〜2016年の池田年度で、鹿児島市内分区のRYLAをやらせてもらったのが一番印象に残っております。  まだまだ勉強不足の身ですが、これから1年間、歴代会長を初め理事・役員並びに会員の皆様のご指導・ご協力を頂き、 事に当たっては「四つのテスト」を行動指針と定めて、大胆且つ堅実なクラブ運営と奉仕活動、事業の推進を心掛けて行く所存です。 どうぞ1年間ご支援ご協力の程よろしくお願いします。  本年度バリー・ラシンRI会長は、「インスピレーションになろう」をテーマに掲げ、「ロータリーの奉仕は、人々の人生そして地域社会を変えるものです。 真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために私達は、「インスピレーション(人の創造性を刺激・鼓舞する人)となる必要がある」と提唱されています。 また2730地区川原ガバナーは、地区のモットー(スローガン)を【プラスワンの考動を!】とされ、従来通りの活動で終始するのではなく、それに何かしらのプラスワンの考動を加えてほしいと述べられました。  我が鹿児島ロータリークラブは、昭和27年に鹿児島・宮崎最初のロータリークラブとして、誕生しました。 そして、先輩諸兄のご尽力とご努力により伝統と友情を継承しつつ、常に地区のリーディングクラブとしてあり続けています。 反面、最古のクラブであるが故に「敷居が高い。堅苦しい。閉鎖的」等の誤った認識を未だに持たれています。クラブの内外にもっとアピールし、このイメージの払拭にも務めたいと思っています。 「隗より始めよ!」クラブ運営の一丁目一番地は例会です。まずは例会を楽しくて、為になる場、開かれた場にすべく今まで以上に努めてまいります。 会員の皆様に於かれましても例会への出席を最優先に考えてもらえたら嬉しいです。まずは、例会に出席してください。全ては、ここから始まります。 各事業の運営では委員会で十分検討してもらったものを全会員で実施していきたいと思います。 我が鹿児島ロータリークラブがより良く、より楽しく、より活気に満ちたクラブになるように一生懸命取組んで参りますのでご指導、ご鞭撻、ご協力宜しくお願いいたします。

  今年度の活動方針
1.例会を工夫し、出席率を5%向上する。
2.委員会活動を活発化し、事業の充実を図る。
3.提唱RA,IA,RCC並びに関連団体との関係強化。
4.全員で増強に当り会員数70名を達成する。
5. 地区大会、地区行事への支援と積極的参加


  主なスケジュール
川原篤雄ガバナー公式訪問 11月2日(金) 地区大会(鹿児島市)10月13日(土)〜10月14日(日)

サイトマップ  | このサイトの利用について  | 会員専用ページ  | お問い合わせ |

All Rights Reserved, the Rotary Club of kagoshima