国際ロータリー第2730地区 鹿児島ロータリークラブのウェブサイトへようこそ

鹿児島ロータリークラブ

会長挨拶


鹿児島ロータリークラブへようこそ

鹿児島ロータリークラブ会長 有薗純一(2016.7〜2017.6)


 この度2016−2017年度、第65代目の会長を務めさせて頂く事になりました。ロータリークラブに入会させて頂き13年目になります。 入会時に、例会出席こそロータリーを理解できる道だと指導され、まず例会出席を心がけ親睦委員からスタートしました。 2010−2011年度伊藤学而ガバナーの時は地区委員を経験し、2730地区の財務、地区組織、地区行事を学びました。
 2016−2017年度ジョン・ジャームRI会長は、ロータリーテーマを「人類に奉仕するロータリー」と発表されました。 また、2730地区大重ガバナーは「ロータリーを楽しもう」をガバナー理念とし、楽しくなければロータリーではないと述べられています。
 鹿児島ロータリークラブは一時54名まで会員が減少しましたが、その後全員の努力で67名まで会員増強に成功しました。 ロータリークラブは異業種交流の場でもあります。会員間の交流を深めて、様々な情報や人脈が広がると例会もクラブ活動も楽しくなります。 クラブの良き伝統を守り、明るく活性化したクラブを目指します。

   今年度の活動方針
 1、鹿児島ロータリークラブの良さを再認識し出席率の向上に努める。
   例会や行事に積極的に参加して、会員間の交流を活発化し楽しい
   クラブにする。
 2、クラブ活性化のため例会卓話の充実や委員会毎の会合を積極的に
   行う。
 3、会員増強
   会員数目標70名を達成する。
 4、地区行事への支援
   今年度地区RLI伊藤学而委員長が主催する研修会が、3回鹿児島で
   開催されるのでクラブとしてもバックアップする。

サイトマップ  | このサイトの利用について  | 会員専用ページ  | お問い合わせ |

All Rights Reserved, the Rotary Club of kagoshima